FlowerLeaf

*AriaLien Sub BLOG*

暴君と秘密の彼女

暴君と秘密の彼女 1話




──最近天眞の様子がおかしい



「わぁ~此処素敵ね!」
「ん?…あぁ、そうだな」

分厚い雑誌は重くて長時間持ち続けられない。

卓袱台の上に広げて私と天眞は顔を寄せ合う様に其れを眺める。


天眞からのプロポーズを受けてから一ヶ月。

私たちは結婚式を挙げる準備を少しずつ始めていた。

結婚に関して少し前までの私なら果てしなく広がる夢を持っていた。

海外の海の見える教会で盛大に行われる式。

日本古来の粛々とした雰囲気の中で行われる式。

外国の古城を借り切って豪勢に行われる式。

夢ばかり膨らんでいた。

だけど今の私にとってはそんな豪華な式よりも、天眞とふたりこじんまりと挙げられるだけでも幸せな事だと思っている。

例え誰にも祝福されなくたって天眞さえ隣にいてくれたら…

(私は其れだけで幸せよ)


「ん~此処素敵だけど…少し値段が張るわね」
「…」
「どうして招待客のモデルケースがどれも30名なのかしら。こんなに招待しないっていうのに」
「…」
「でも金額はこのケースから考えると随分少なくなるって事よね?だったら──」
「…」
「ちょっと、天眞?」
「…」
「天眞!」
「!」

耳元で大きな声を出した私に驚いた天眞はハッとした顔で私から少し距離を取った。

「もう、なんなのよ先刻から」
「あ…何が」
「何がじゃない!先刻から私が結婚式場についてあれこれ喋っているのに、天眞ったら訊いているんだか訊いていないんだか」
「あ、あぁ…すまなかった」
「…」

まただ、と思った。

最近の天眞は何かおかしい。

最初におかしいと思ったのはいつだったか。

(確か…私が結婚情報誌を買って来てからだったような…)

ふたり揃ってどんな式場でどんな式を挙げようかと雑誌を観ながら話していたけれど、次第に天眞は其の表情を強張らせるようになっていった。

初めは気のせいだろうか──思っていたけれど

(やっぱり今日もおかしい)

疑念が確信に変わった瞬間だった。

「…ねぇ、天眞。あんたもしかして結婚、したくないの?」
「──は」

私は思っていた事をズバッと訊いた。

私の性格上ハッキリしない事は直接訊き出してスッキリしたいという気持ちが強いから。

気持ちがすれ違ったまま進めていい事じゃないと思うからちゃんとハッキリしたいと思った。

「なんだか天眞、式場探しになると途端に上の空になっている」
「…そうか?」
「そうだよ、全然乗り気じゃない!──其れって私との結婚に踏み切れない何かがあるって事なの?」
「何を云っているんだ、凛子は」
「あっ!」

急に手首を掴まれ、其のまま天眞の元に体が引き寄せられた。

「俺が凛子と結婚したくないなんてどの口が云う」
「だ、だって──んっ!」

いきなり押し付けられた天眞の唇はあっという間に私の口を割ってヌッと熱い舌を差し入れた。

「ん、んっ…ふぅん…!」
「…」

ヌチャヌチャと音を立てて貪られる其の行為に次第に体から力が抜け、其のまま天眞にされるがまま押し倒された。

「はぁ…はぁはぁ…」
「凛子…俺は一日でも早くおまえが俺のために着飾った純白の衣装姿を見るのが愉しみで堪らないんだ」
「て…天眞…」
「出来れば一生、忘れられない式を挙げさせたいと思っている」
「…ぅん」
「だから──俺を疑うな」
「あっ」

濃厚なキスですっかり蕩けてしまっている私の中にいきなり天眞の熱いモノがメリメリと入り込んで来た。

(いつの間にっ?!)

キスの合間に脱がされていた下半身は露わになって天眞のモノをグイグイと呑み込んでいた。

「はぅぅっ、あ、あっ!」
「ふっ──今日も凄いな…凛子」
「やぁ…て、天眞っ…苦し…っ」

グッグッと奥深くに押し込められるモノによって息が苦しい。

「加減出来ない…んっ、凛子が…ぁっ、凛子が可愛過ぎて…ん」
「はぁはぁ…あっ、あっぁ」

天眞の激しい腰遣いに合わせる様に私の腰もつい動いてしまう。

其れはきっと冷静な気持ちのままだったらとても恥ずかしい奇妙な動きだ。

でも天眞から誘(イザナ)われる行為が私から羞恥心を奪い、厭らしくも獣の様な動きで応えてしまう。

「はぁ…最高だ、凛子…俺の可愛い凛子」
「…天…まぁ」

毎晩濃厚に愛される私は天眞の私に対する愛情を一片たりとも疑う事はなかった。

天眞は心から私を愛しているのだと──この時の私はそう信じきっていたのだ。

1ase
◆ランキングサイトに参加しています。
1ポチ頂けると執筆の励みになります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

暴君と秘密の彼女 2話



(また昨日も有耶無耶になっちゃった…)


気怠い体を起こし、ひとりきにりなった部屋の中をぼんやりと眺める。 

天眞の様子がおかしいと思いながらも、其の確固たる自信は天眞に抱かれる度に薄く消え入りそうになる。

(私と結婚する事が厭って訳ではなさそう)

そもそもプロポーズをして来たのは天眞からなのだから其の理由は除外していい。

(結婚式を挙げる事に抵抗がある?)

其の点も昨夜の天眞との会話からは妥当な理由ではなかった。

其れ処か天眞はピロートークで「金の心配は要らないから凛子がいいと思った式場を探せ」と云ってくれた。

(じゃあ何が不満なのよ!)

私と結婚するのが厭じゃない。

式を挙げる事にも異存はない。

──でもいざ結婚に向けて具体的な事を決めようと詰め寄ると途端に心此処にあらずみたいな態度を取る


「気のせい…じゃないよね」

ボソッと呟く様に吐き出した言葉。

なんだか心に重い鉛が鎮座しているみたいだった。


軋む体を奮い起こして居間に行くといつも通り天眞が作ってくれた朝食とメモがあった。

(あぁ…いい加減私がちゃんと家事をこなさないとな)

ある程度の家事はこなしているけれど、どうしても朝食の支度だけは未だにした事がなかった。

其れは天眞による毎晩繰り広げられる濃厚な行為のせいで私が朝早くに起きられない──という理由があるからなのだけれど…

(よく考えるとこの理由ってかなり恥ずかしいよね)

どうしても夜の事を考え反芻すると体がカッと熱くなる。

「水、水を飲もう!」

火照った体を冷やすために台所にやって来ると其処であるものが目に入った。

「えっ、これって…」

調理台に置かれていた包みを見てギョッとした。

「これ、天眞のお弁当だよね」

其れは天眞が自分で作っていつも会社に持って行っているお弁当だった。

「やだ、忘れちゃってる」

時計を見ると9時を少し回った処だった。

この時間なら掃除や洗濯といった家事を済ませてから会社に届けてもお昼には間に合うなと思い、私は早速朝食を摂り始めた。


私は天眞の会社に行った事がなかった。

まだ天眞の暴君モードが日常的になる前に一度行きたいと云ったら『お嬢様がいらっしゃるような処ではありません』

と頑なに行く事を拒否されていた。

其の時はそうなんだと思ってやけにあっさり引き下がったけれど…

(家以外での天眞ってどんな感じなんだろう)

最近ではそういう欲求が湧き上がっていた。

(天眞の色んな顔が見てみたい)

其れは純粋な欲求だと思う。

だからこれは丁度いい機会だと思ったのだ。



「…よし、これでいいわね」

姿見で念入りに身だしなみのチェックをする。

(天眞の婚約者として恥ずかしくないようにしないとね)

この家に来てから天眞に買い与えられた服で一番お気に入りのワンピースを身にまとい私は少しだけ浮かれ気分で家を後にした。

天眞の会社【リンテン】の住所は知っていたので携帯で場所を検索して行き方を確認した。

最寄り駅から電車一本で行けるので近いと思っていた。

ただ会社の最寄駅から徒歩10分というのはちょっときつかった。


「はぁ…疲れたぁ…」

普段歩いていない運動不足が祟って思う様に進む事が出来なかった。

「えーっと…この花屋を左に曲がって…」

携帯を見ながら場所を確認していると急にメールの着信が入った。

差出人は天眞。

私は驚きながらもメールを開くと

【台所に弁当があるだろう?持って行くのを忘れたから凛子が食べていい】

と書かれていた。

1ase
◆ランキングサイトに参加しています。
1ポチ頂けると執筆の励みになります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

暴君と秘密の彼女 3話



 (……)

天眞からのメールを受け取って私は考えた。

そして其処で私はちょっとした悪戯心が芽生えた。

【其れじゃあお昼どうするの?お弁当がないと困るでしょう?】

すっとぼけたメールを返信すると直ぐに新たなメールが届いた。

【出前でも取るから気にするな】

(…出前、ねぇ)

其のメールを読んでふふっと笑いが込み上げた。

携帯で時間を観ると11時だった。

(よーしこのまま行ったら丁度お昼前には着くよね)

私は天眞にサプライズを仕掛けようと思った。

いきなり現れて『お弁当届けてあげたわよ』と云って天眞を驚かせてやろうと。

(ふふっ…天眞、どんな顔をするかしら)

そんな事を想像するだけで可笑しかった。

ついでに天眞の会社で働く人に愛想よく振りまいて、社長の婚約者としていいイメージを植え付けられたらいいなと思った。

(天眞は小さい会社だって云っていたけど)

どれくらいの人が働いているのか知らないけれど、きっとビルの1室を借りてこじんまりと営業しているのだろう。

(んー私でも何かの役に立てばいいんだけれど…)

会社の事はよく解らないけれど、万が一人手不足な感じだったらパートとして共働きしようかなと思った。

(あぁ!其れ、いいじゃない~)

天眞と一緒に二人三脚的な感じで会社を盛り立てれば益々私たちの仲は深まるんじゃないか。

(いい、いいよーなんだか共働きって響き、いいかも!)

そんな妄想で浮足立った私は、あっという間に携帯が場所を示した天眞の会社【リンテン】が入っているだろうビルに到着した。

「えっと…何階かな」

会社名を確認しようとビル内に入った瞬間、ギョッとした。

「…何…此処…」

ロビーだと思われる其の空間は広く開かれていて大勢の人が行き交っていた。

「…えっ」

入って直ぐ正面にカウンターが見えた。

中に受付の女性がふたりいて、其の背後に【RINTEN】と社名のロゴが大きく掲げられていた。

「えっ…え…」

思わず硬直してしまって其処から動く事が出来なくなった。

するといきなり背後からポンッと肩を叩かれた。

「!」

私の肩を叩いたのはありがちな制服を着こんだ警備員だった。

どうやらオロオロしている私は不審者だと思われた様だ。

「失礼ですがご用件を窺っても宜しいですか?」
「あ、あの…わ、私は…」

あまりにも驚き過ぎて上手く言葉が出てこない。

先程に続く挙動不審な仕草をしてしまって其れが余計怪しく映ったのか、警備員の表情は益々険しくなった。

「申し訳ありませんが少し此方に来ていただけますか」
「!」

ガッシリ腕を掴まれ何処かに連れて行かれそうになった瞬間

「凛子さま?!」
「!」

遠くから聞こえた声に体が撓った。

(誰っ)

私と警備員の元に駆け寄って来たのは先ほどカウンター内にいた女性のひとりだった。

「まぁ…まさか凛子さまが…っ」
「…えっと…あなた、は…」
「お忘れですか?以前早乙女家で侍女をしていた牧山です、牧山恵美子」
「まきやま…えみこ…?」
「凛子さまの身の回りのお世話をさせていただいていたのはほんの一年足らずですが…覚えておいでではないんですね」
「…」

また私は茫然としてしまった。

私が茫然としている端で彼女が警備員に何かを伝えていて、其れを訊いた警備員は酷く驚き、いきなり私の前で土下座して謝り始めた。

「も、申し訳ございません!まさか…まさか加々宮社長の奥様だったとは!」
「お、奥様ぁ?」

此処での私の肩書きがとんでもないものになっている事にまた驚き、そして私は訳の解らなさが多過ぎて頭の中がパニック状態になっていたのだった。

1ase
◆ランキングサイトに参加しています。
1ポチ頂けると執筆の励みになります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

暴君と秘密の彼女 4話



「凛子さま、このビル全てが【リンテン】の本社社屋です」
「…」
「主な業務はレンタル業ですが、最近は様々な業種にも携わっています。倒産寸前の企業を幾つか買い取り新たに再興したりと其れはもう一括りでは説明しきれない程の手広さでございまして」
「…」
「お屋敷にいた時から社長は優秀な方だったと噂で訊いていましたが、まさかこれほどまでとは思わずもうただただビックリのひと言です」
「…えーっと…」

先程から私に懇切丁寧に事情を話してくれているこの人は受付嬢の牧山恵美子さん。

元は早乙女家で私の身の回りの支度をしてくれていた人だ。

(薄っすら記憶にはあるのよ…確か私よりも3~4歳年上で綺麗な顔をしているなって感じで覚えていた様な…)

「社長が凛子さまを奥様として迎えた事を知った時は驚きましたが、今では早乙女に勤めていた従業員皆が祝福しています」
「あ…そ、そう…」

(ってまだ正式な奥さんじゃないんだけど…まぁいいか)

彼女曰く、天眞は解雇した屋敷の従業員の何人かを新しく起こしたこの【リンテン】の従業員として雇い直していたとの事。

実際起ち上げた当時の【リンテン】は小さな会社でとあるビルの一室から始まったそうだ。

其れが天眞の手腕であれよあれよという間に大きく成長して行き、会社発足から一年も経たずにこの5階建てのビル丸ごとが本社となり従業員もざっと10倍に増えたとの事だった。

(い、いつの間にそんな事にっ!)

真実を訊かされ驚くしかなかった。

(っていうか天眞、滅茶苦茶デキる社長なんじゃ)

家で見ている天眞とは大違いな顏に驚いてばかりだった。

其れと同時にどうして天眞は会社がこんなに大きくなっている事を私には云ってくれなかったのかが気になった。

「凛子さま、ただ今内線で社長に連絡をお取りしますので少しだけお待ちになって──」
「ちょっと待って!」
「えっ」

カウンター内に置いてある電話の受話器を持ち上げた彼女の手を私は止めた。

「連絡しなくていいわ──私、このまま帰るから」
「え、どうしてですか?折角いらっしゃったのに」
「いいから」
「…凛子、さま」

此処まで来る間に想像していた事に喜んでいた気持ちは小さく萎んでしまっていた。

(小さな会社だって云っていたのに…)

半年前に訊かされた天眞の言葉を嘘だとは思いたくなかった。

実際其の時は小さい会社だったのかも知れないから。

(でも…こんな事になっているだなんて…私、家以外での天眞の事、知らな過ぎだ)

今、目の前で繰り広げられてる現実が中々受け入れ難く、戸惑っている処があった。

(天眞に逢うのは…もう少し心の整理をしてからにしよう)

そう思い、私はこのまま家に帰ろうと思った。

──が

「あら、社長」
「えっ!」

カウンターの中から見て右手にあるエレベーターから天眞が姿を現した。

私は咄嗟にカウンター内に身を隠した。

「凛子さま?!社長ですよ、お逢いに──」
「しーっ、静かにして」

出来る限り小声で私は彼女を制した。

足音がカウンターの方に近づいて来て、やがてよく知った声が聞こえた。

「昼休憩の間出かけて来ます。14時からの会議は予定通り第2会議室で行いますから来訪した関係者は其方に案内してください」
「は、はい、かしこまりました」
「…なんですか、顔が引きつっていますよ」
「えっ、い、いえ…社長が外に出かけられるのが珍しいなと」
「たまには外食もいいでしょう──では頼みました」
「はい、いってらっしゃいませ」

遠ざかる足音を聞いて隠れていた私はホッと息を吐いた。

(……はぁ~気づかれなかった)

「あの…よろしいのですか?凛子さま」
「いいの。其れよりそんなに珍しいの?休憩に外に出るって事が」
「えぇ。社長は一度出社したら退社するまで殆ど社内から出る事がないので…」
「…ふぅん」

其の時ふと思い出した。

(そういえばお昼ご飯は出前取るってメールが)

今彼女が云った殆ど社内から出ないと云っていた言葉と出前メール。

何かが噛み合っていない気がして厭な予感がした。

「あっ、凛子さま」
「今日私が此処に来た事、天眞には内緒にしておいてね!」
「えっ、あ、はい」

私は慌ててカウンター下から這い出て会社から出て行った天眞の後を付ける事にしたのだった。

1ase
◆ランキングサイトに参加しています。
1ポチ頂けると執筆の励みになります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

暴君と秘密の彼女 5話



お昼ご飯は出前を取ると云っていた天眞。

一度出社したら退社するまで社外には出ない天眞。

(でも今の天眞は其のふたつとも当てはまらない行動をしている)

そんな普遍的な行動に厭な予感を覚えた私は、こっそり天眞の後をつけていた。

颯爽と歩いて行く天眞は通りすがりにある何店かの飲食店を素通りして行く。

(やっぱりおかしい!)

食事に出たのなら其の辺の店に入ったっていいはずだ。

其れこそ和洋中、カフェにファミレスなど、ごく短い距離に様々な種類のお店が軒を連ねているのだから。

(もう、何処に行こうって云うのよ!)

見つからない様にコソコソと、そして歩幅の広い天眞の後をついて行くのはとても大変だった。




「はぁ…はぁはぁ…」

息が上がって来てそろそろ体力の限界──という処でようやく天眞が何処かのビルに入って行った。

だけど直ぐに其処がただのビルではない事に気が付いた。

【オールドシーズンホテル】

(ホ…ホテル?!)

掲げられていた看板にギョッとした。

(なんでこんな処に?!)

私は見失った天眞を追う様にホテル内に入って行った。

中はよくある普通のビジネスホテル、という感じの雰囲気で人がまばらにいた。

天眞の姿を探しキョロキョロしていると

(あっ!)

ロビー奥にソファが幾つも置かれている場所があり、其の一角に天眞の後姿を見つけた。

だけど其処にいたのは天眞ひとりではなかった。

(…嘘)

私の方に背を向け、天眞と其の隣に髪の長い女性が座っていた。

其れはまるで仲のいい男女が密会をしている様な雰囲気を醸し出していた。

(まさかこれって……う、う、浮気現場?!)

そんな考えが一瞬私の頭の中にこびりついたのだった。

1ase
◆ランキングサイトに参加しています。
1ポチ頂けると執筆の励みになります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

Author

樹野 花葉

閲覧PV数

    総閲覧PV数
    • 累計:

    閲覧人数
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    参加しています