FlowerLeaf

*AriaLien Sub BLOG*

お憑かれ様です

お憑かれ様です 1話



私、寺門 水穂(テラカド ミズホ)は順風満帆な人生を送って来た。

心躍る様な出来事がそんなにある訳ではなかったけれど、仕事も私生活も其れなりに潤っていて、私は私の人生を謳歌しているのだとずっと思って来た。


そう、思って来た──のだけれど


「君、憑かれ易いから気をつけなさいね」
「……は?」

中高、大学と長きに渡って親しくして来た親友の結婚式の二次会にていきなり初対面の男性にそう云われた。

(疲れやすい…ってどういう)

「おーいテル、次の店何処ー?」
「はいはい、地図送るから待ってて」

『てる』と呼ばれた其の男性は如何にも今時風といった茶髪のチャラチャラした優男だった。

だけど

(…ちょっとカッコいい、かも)

長身に細身の黒いスーツがとても似合っていて、一瞬惹き込まれそうになった。

(い、いかん、いかん!私には雄二がいるってーの!)

高鳴った胸を押さえる為に一生懸命此処にはいない彼氏の顔を思い浮かべた。

「本当気をつけて──じゃあね」
「あ、あのっ」

其の男性は其れだけを云って私の元からいなくなった。

(…何だったの?今の)

私の元を去った男性は数人の男女の集団の中に入って行った。

(五條先輩の友だち?勤めていた時の澪の同僚?)

私の知らない交友関係の中のひとりなのだろうかと思いながらも、まぁいいかと瑣末な出来事はあっという間に頭から消えた。

ただ

『君、疲れやすいから気をつけなさいね』

男性の其の言葉だけがやけに鮮明に頭の端っこには残っていたのだった──






パンパン!

「…」

手を合わせ、無心になって拝む。

(神様、そろそろ決着をつけたいと思うのですが)

神社の参拝でする様な願いじゃないのかも知れないけれど、どうしても願わずにはいられない。


大学で【徒歩圏内歩き旅サークル】というのに入っていた。

其のサークルは主に歩いて行ける神社仏閣を巡るという主旨のサークルで、昔からそういった場所に行く事が好きだった私は迷いなく其のサークルに参加した。

大学卒業後もそういった場所を散策するために時間を割く事がわりとあった。


「はぁ…」

ため息をひとつついて、参道横にあるベンチに座った。

大学を卒業してから一年。

運よく希望していた出版社に就職出来て、忙しいながらも充実した日々を送っていた。

だけどほんの半年ぐらい前から私生活はにわかにざわつき始めた。

「…」

手に取った携帯を操作する。

だけど先ほど観た時から画面はなんら変わりはなかった。

(雄二、なんで連絡くれないのかな)

大学時代から付き合っている彼氏の雄二から急に連絡が途絶える様になった。

同じ歳で証券会社に就職した雄二は私以上に忙しい日々を送っていると知っている。

だけどそんな中でも私たちは時間を合わせて逢ったりして恋愛を継続して来た。

だけど半年ほど前から急に雄二からの連絡が途絶えがちになった。

雄二からの『一年目の下半期はやたらと忙しくなるから今までの様には会えなくなる』という言葉を最後に此方から連絡をしても応えが来る事はなかった。

(なんだかなぁ…私だって忙しいけど雄二と逢うための時間は作るのに)

「はぁ~」

私と雄二とでは恋愛に対しての考えに温度差があるのかなと思うとため息しか出てこない。


「幸せ、逃げるよ?」
「え」

頭上から降り注がれる様に掛けられた声にハッとし、俯いていた顔を上げると其処には──

15297717.jpg
◆ランキングサイトに参加しています。
1ポチ頂けると執筆の励みになります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

お憑かれ様です 2話



「ため息つくと幸せが逃げちゃうって訊いた事ない?」
「あなたは…」

私の前に居たのは、いつか結婚式の二次会で妙な事を云った茶髪のチャラ男だった。

(うっ…今日も派手な形(ナリ)してるっ)

神社の景観にあまりそぐわない胸元が大きく開いたシャツに黒いスーツを着込んでいる。

一見してホスト風情だ。

「──あぁ…濃くなっているねぇ」
「は?」

其の男性は私をジッと見つめて呟く様に云った。

(何を云ってるの、この人)

訳が解らない状況を問い質そうとした瞬間

「痛っ!」

其れはあっという間の出来事だった。

男性がいきなり私を抱きしめ、そしてバンッと強く背中を叩いたのだ。

「まぁ、とりあえず応急処置」
「い…痛…な、何、なんなの、いきなり!」

叩かれた背中が熱い位に痛んで息をするのが苦しかった。

「あぁ、痛かったね~ごめんね」

ニッコリと微笑まれてドキッと胸が高鳴った。

其れと同時にあんなに痛かった背中が何事もなかった様に戻っていた。

「え…あれ…」
「君、憑かれ易いから気をつけなさい」
「!」

(またあの時と同じ事を!)

疲れやすいとはどういうことなのか──と問い質そうとした私だったけれど、肝心の男性はスタスタ歩いて行ってしまっていた。

「あの!ちょっと」
「まったねぇ~水穂ちゃん」
「……え」

ヒラヒラと手を振って去って行った男性の捨て台詞にギョッとした。

(なんで…なんで名前!)

確かに最後、私の名前を云った。

(え…なんで知っているの?!知り合い?…いやいや、あんな派手な知り合い、いたら絶対忘れないよ!)

あっという間に見えなくなった男性の後を追う様に、私の視線は其処から中々動かなかったのだった。








「えっ、どうしたの?水穂」
「う゛~もう何が何だかぁ~」

参拝の後、私は親友の澪の家に来ていた。

澪とは中高大学まで、同じ学校に通っていた時から一番仲のいい友だちで、つい先日大学時代に私が入っていたサークルの2歳上の先輩と結婚した。

「大丈夫?なんだか顔色、よくないよ」
「あ~仕事が忙しくて疲れているのかな…澪だって大変なのに心配させちゃってごめんね」
「私は全然平気よ?仕事を辞めて今は専業主婦だから」
「今七ヶ月だっけ?二次会の時はあまりお腹目立たなかったけど…やっぱり出てるね」
「うん、急に大きくなったの。不思議だよね~」
「…」

ケラケラ笑う親友は沢山辛い事を乗り越えて来てやっと今、心から笑える状況になっていた。

そんな幸せな中にいる親友に私の事で要らぬ心配をさせたくないなと思った。

「ちょっと待ってて。今、お茶用意するから」
「あぁ、構わなくていいよ?──ん、あれって」

ふとリビングテーブルに散乱しているものが目に入った。

「あぁ、写真。今のうちに整理しようと思って広げていたの」
「結婚式の時の?ねぇ、見てもいい?」
「いいよ、確か二次会の時のもあったよ」
「式のが見たいよ。神社で親族だけで挙げてて私、見られなかったんだからさ」
「そうなんだよね。ごめんね、なんか五條家のしきたりとかで式は親族参加のみって事で来てもらえなくて」
「いいのいいの。由緒正しき五條家の結婚式なんだからそういうのは神聖なものなんだろうね」
「ふふっ、相変わらず神社とかお寺とか好きなんだね、水穂は」
「うん、写真で見られるだけでも嬉しい」

澪から訊いた話によると、当初は式を挙げず写真撮影だけで済ませたのだけれど、何故か急に五條家の方から儀式的な式だけは挙げた方がいいと打診され其れに納得、了承した澪は其れなら、と式に参加出来ない近しい友人たちのために二次会なるものを用意した──という事だったらしい。

嘘か本当か解らないけれど五條先輩が云うには

『真裕が澪の白無垢姿が見たいんだって親父の枕元でダダこねたらしい』

とかなんとか。

(…って冗談だよね?)

そんな事を思い出しながら一枚一枚感嘆のため息をつきながら写真を眺めた。

「…凄い…綺麗、澪」

白無垢姿の親友に紋付き袴姿の新郎である五條先輩。

ただでさえ美男美女のふたりがこの時は何倍も割増しになって輝いていた。

(其れにしてもこの…五條先輩のお父さんかな?袈裟が凄く豪華)

写真からでも充分伝わる独特の荘厳な雰囲気にドキドキして堪らなかった。

(えっ)

だけど其の神聖な気持ちからのドキドキはある一枚の写真を見た瞬間、違うドキドキに変わったのだった。

15297717.jpg
◆ランキングサイトに参加しています。
1ポチ頂けると執筆の励みになります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

お憑かれ様です 3話



若干震えがちに握られていた私の手の中にある一枚の写真。

其の写真は両家の親族の集合写真だった。

(嘘…これ…この人!)

其の中のひとりが異様に目立っていて、直ぐに私の視界の中に入り込んでいた。

「澪!澪っ」
「何、どうしたの?」
「これ…これ、誰?!」
「え」

私の声に驚いた澪はキッチンから私の元にやって来て、私が指差す写真に目を止めた。

「この派手な頭と顔立ちの人!」
「あぁ、この人は幸臣さんの直ぐ上のお兄さんの輝臣さんだよ」
「てるおみ?お兄さん?!」
「うん。幸臣さんにはお兄さんがふたりいて、輝臣さんは幸臣さんの2歳上のお兄さん」
「……嘘」


あの人…


あの派手ないでたちの変な人が…


(五條先輩のお兄さんなのぉぉぉー?!)


まさかという気持ちが大きかった。

だって由緒正しい五條家の、五條先輩のお兄さんなのに親族の中で唯一明るい頭の色をしていて、全体的に溢れる硬派な雰囲気の中に異質にも思えるひとりだけ浮いている軟派な存在。

(絶対五條家の血筋とは思えない!)

驚き過ぎて其の写真から視線が逸らせない私に澪は色々教えてくれた。

「輝臣さん、派手でしょう?でも見かけよりも凄く優しくて人懐っこくて、二次会の時も率先して幹事引き受けてくれたの」
「…」
「水穂、二次会で逢わなかった?紹介すればよかったけど、なんか輝臣さん一ヶ所にジッとしているタイプじゃなくていつもフラフラしているから中々所在がつかめなくて…」
「…」
「…水穂?」
「澪、もしかしてこの人…お兄さんに私の事、何か話していたりする?」
「え……あ…うん、世間話的な流れで、ずっと仲良くしている親友で…って程度の事を」
「其れだけ?顏、しゃ、写真とか見せたり…」
「え?あ…二次会の時にあれ誰?的な訊かれ方したかなぁ…あの時は色んな人にそういう事訊かれててちょっとよく覚えていないんだけど…どうして?」
「あ…ううん…なんでもない」
「水穂?」

そうか…

五條先輩のお兄さんで、澪から私の話を訊いていて…

其れで私の事を知っていたって訳か。

(何かの拍子に私が澪の友だちで…親友だって知っていたから)

だから名前を知っていた、という事なのか。

(なんだ、謎は解けたじゃない)

単に私がお兄さんの存在を知らなかったからあの一連の出来事は不思議な事として受け取ったけれど、向こうは私の事を知っていたのだ。


(…あ、でも)

まだ不可解な事はあった。


『君、疲れやすいから気をつけなさいね』


(あれはどういう意味だったのかな──?)

其れは言葉通り受け取れば、私が疲れた顔をしていた事から導かれた言葉。

(そういえば先刻澪にも疲れているって云われたっけ)

もしかして単に私が疲れやすい雰囲気を醸し出していたから気遣われただけ──という事なのだろうか?

「なんだ…そうだったのかぁ」
「水穂?ねぇ、本当どうしたの?」
「あ、ううん。何でもない。私は元気だよ?」
「…そう?空元気じゃなくて?」
「ないない!本当ちょっと仕事が忙しくてね…だけど平気。澪とお喋りしたら元気出て来たから」
「なぁに、其れ。おかしな水穂」

柔らかな笑みを見せた澪に云った言葉は嘘じゃない。

(本当、澪といると元気になれるよ)

私はこのひとときだけ、連絡の取れない雄二の事、不思議な五條先輩のお兄さんの事なんかは頭の中から消えていたのだった。

15297717.jpg
◆ランキングサイトに参加しています。
1ポチ頂けると執筆の励みになります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

お憑かれ様です 4話



澪の家を出て、自宅マンションに着いた時には20時を回っていた。

冷蔵庫の中にある残り物で夕食を済ませたり、お風呂に入ったりしているとあっという間に23時を回っていた。

「はぁ…疲れた。そろそろ寝ようかな」

ひとり暮らしの部屋で私の言葉に相槌を打ってくれる人はいない。


(…やっぱり何も来ていない)

昼間打った雄二へのメールの返信はなかった。

(これってもう…そういう事、なのかな)

今日参拝しに行った神社で願った事。

其れは

──もし、もう雄二の気持ちの中に私の存在が無くなったのなら別れ話を切り出して欲しい

普通に考えればこれだけ連絡がなかったら雄二は自然消滅を狙っているんじゃないかという気になる。

付き合い始めてから三年。

世間一般にいう一番危ない交際期間のど真ん中にいる。

就職を機にすれ違いが多くなって、お互い身近にある関係に心が動かされる事が多々あるのだと思う。

(私だって…そんな誘惑に時々負けそうになる)

そう思った時、頭の中に浮かんだのは今日逢った人の事。

(! な、なんでお兄さんの事をっ)

横になっていたベッドから思わず起き上がってブンブンと頭を振った。

(はぁ~ダメだぁ…本当にダメだ)

私はこういう中途半端な状況にあるのが嫌いだ。

元々白黒ハッキリしたいという竹を割ったような性格が故、失敗した事も、失ったものもあった。

だけど事、恋愛に関しては其の性格が顕著に表れて…

(もういっその事、私から云っちゃおうかな)

手に持つ携帯をスッと指先で払う。

メール画面を前にどの様な文言だと差し障りがないだろうかとしばし悩む。

(…)

だけど結局雄二にメールを送る事は出来なかった。

其れなりに付き合った期間があり、幸せな時を過ごした記憶がある分、素っ気なくメールで別れを切り出すという事がどうにも出来ないでいたのだった。

「あぁ、もう!寝よ寝よ」

枕元にボンッと携帯を放り投げて、私は布団に潜り込んだ。

(本当…雄二から云ってくれればいいのに…そうしたら私だって…)

モヤモヤした気持ちを抱きながらも、私は眠りの淵に落ちて行ったのだった。










《──……えテ…》



「…ん」



《……消……ッ前カラ…》


「ふ…っ」


眠りについてからどれくらいが経っただろう。

真っ暗闇の中から聞こえた声で徐々に意識が覚醒して来た。



《…はアタし……モの…なンダ…》



「…何………っ?!」

薄っすらと目が開き、其処に飛び込んで来た光景に驚き、そして一瞬の内に体は硬直した。

(や…な、何…体が…動かないっ)

私の目の前には真っ黒な靄(モヤ)みたいな塊が浮かんでいた。

其の塊の中に光るちいさなふたつの光がまるで私を凝視している目の様に見えた。

(これ…人?ゆ、幽霊…?!)

体ばかりか視線までも凍り付いたかのように動かせなくなってしまった私だった。

15297717.jpg
◆ランキングサイトに参加しています。
1ポチ頂けると執筆の励みになります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

お憑かれ様です 5話



《…消エテ…消えテ…今すグに…アノ人ノ前かラ……消エて》


(な…何を云ってるの…)


《アノ人ハ…あタシのもノ……邪魔…消エテ》


(く…苦しいっ)


黒い靄が私の間近まで迫ると息が出来なくなる様な圧迫感を感じた。

苦しさと恐怖感と、死んでしまうんじゃないかという気持ちから絶望的になった。


(誰か…誰……かっ…)


薄れゆく意識の中、急に背中が燃える様に熱くなった。

そう感じた瞬間


《ギャッ!》


いきなり目の前にあった黒い靄が爆ぜる様にいなくなってしまった。

「………あっ」

靄がなくなると同時に私の体は動いた。

途端にガタガタと震え出す体。

「な…何…何…今の…」

震える体を懸命に動かし、私はサイドテーブルに置いてあるスタンドの灯りを点けた。

シンッと静まり返る部屋。

其の中には私の荒い息遣いだけが溢れた。

「今の…幽霊…?」

どう考えてもそうとしか思えなかった。

だけど幽霊を見たのは初めての事で今までそんなものを見る様な霊感を持っているとは微塵も思わなかった。

この部屋に越して来て一年以上経つというのに今みたいな霊現象に遭遇した事はなかった。

「なんで?なんでいきなり…」

訳の解らない出来事に戸惑うばかりの私だった。








『えっ、幽霊?!』

「…うん、多分…」

数時間後、私は朝の早い時間だというのに澪に電話をかけていた。

結局あの後から眠る事は出来ず、部屋中の電気を点け明るくして一晩中起きていた。

そして空が明るくなると同時に部屋から飛び出し、早朝から空いているカフェに身を置いている状況だった。


『大丈夫?ねぇ、よかったら家に来ない?まだ幸臣さん出勤前で家に居るから見てもらうといいよ』

「あ…」

澪の其の言葉で私は思い出した。

(そうだ…五條先輩って幽霊とか心霊関係の事に詳しかったんだっけ)

其の事をすっかり忘れていた私は藁にも縋る気持ちで澪の言葉に甘えようと思った。



「えっ」

いきなり持っていた携帯が後ろから伸びて来た手によって取り上げられていた。

「もしもーし、澪ちゃん?俺、輝臣。あのねぇ水穂ちゃんの件は俺が何とかするから気にしなくていいよ~」
「なっ!」

其処には五條先輩のお兄さんの輝臣さんが居た。

相変わらず派手な格好をして色男のフェロモンを無駄に放出している存在にこんな時だというのにときめいてしまった。

「うん、そう。幸臣には事情を話してあるから訊くといいよ。うん、うん、大丈夫だって~いくら俺だって澪ちゃんの大事な友だちに変な事しないから安心して?」

(な、何を話しているの?!)

私の携帯で澪と話している輝臣さんを私はただ茫然と眺めているしかなかった。

15297717.jpg
◆ランキングサイトに参加しています。
1ポチ頂けると執筆の励みになります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

Author

樹野 花葉

閲覧PV数

    総閲覧PV数
    • 累計:

    閲覧人数
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    参加しています