『好きだからに決まっているだろう』

衛藤から投げ掛けられた言葉にしばし唖然とする。

「おい、訊いているか」
「…え、えっ…え」
「俺は君の事が好きだ──だから抱いた」
「~~~嘘ッ!」
「嘘じゃない、本当だ」
「だ、だって…だって…そんな…だって衛藤は…」
「もうあの時の俺じゃない」
「!」
「もう闇雲に体だけの関係を求めていた頃の俺じゃない。俺は…ちゃんとひとりの女を愛したいと思える様に変わったんだ」
「…」

其の衛藤の告白には本当に驚いて直ぐには何も云えなかった。

「少し前に…俺の考えを変えてくれた女性との出会いがあって…其れから俺は其れまで信じて来た考えを改める事になった」
「其の女性って…」
「最初彼女も俺と似た様な考えの持ち主で、そんな処で気が合ってほんの短い間だけ付き合っていた女性だけど…彼女の変化が俺をも変えたんだ」
「…」
「本当はたったひとりの人を愛したいし、愛されたいんだって事に気が付かされた」
「… 其の人は…今」
「別の男と結婚した。確かもうじき子どもも産まれるって訊いた」
「そう…なんだ」
「だけど俺は彼女から気が付かされる以前に一度、本当はそういった気持ちを持っているのだという事に気が付いていた」
「え」
「其れは…君に出逢ったからだ」
「!」

意外な話の流れに驚いた。

そして衛藤の其の言葉の意味がよく解らず首を傾げた。

「あの夜、酔った君が俺に迫ったあの夜、君に俺は過去の恋愛を告白したよな」
「…うん」
「君が告白してくれた事を嬉しいと思っている俺がいた。本当は嬉しかったのに…でも心の奥底に燻っている苦い経験が君からの告白を素直に受け入れる事を邪魔した。だから俺は君に過去を話す事によって、其れを乗り越えてくれた君と真剣に付き合いたいと思った」
「!」
「だけど──結果的に君は俺から逃げて、いつの間にか出来ていた男とサッサと結婚した」
「…あっ」

次第に体が小刻みに震え出した。

「裏切られたと思った。また俺は好きになった女を手に入れられなかったし幸せに出来なかったと…」
「そ、そんな…」

(まさか衛藤がそんな風に思っていただなんて!)

「益々恋愛に対して意固地になっていた俺の前に現れたのが先刻話した彼女だった」
「…」
「君で出来た傷を癒すように体だけの関係を彼女に求めた──だけどそんな彼女も他の男に攫われて…もう恋なんて絶対にしないと思った」
「…」
「だけど其れは違うのだと教えてくれたのも彼女で…だから俺はあの日、離婚した君と再会したあの時、もう一度だけ賭けたくなったんだ」
「…」
「自惚れでもなんでもいい、君が離婚した原因のひとつに俺への気持ちがあればいいと思いながら君を手元に置いていたかったんだ」
「~~~」

衛藤の告白は私の冷え切っていた体と心に温もりを与えた。

そして私は本音を衛藤にぶつけた。

衛藤から逃げた私は弱かったのだと。

衛藤の全てを受け入れて、でも受け止めきれなかった事を考えると怖くて逃げ出してしまったのだと。

衛藤を忘れるために好きだと思い込んだ男と結婚したけれど、結局は衛藤の事が忘れられなくて徐々に夫との仲は酷いものになって三下り半を突き付けられたのだと。

「夫に抱かれていても…其処にはいつも衛藤とのたった一度の行為が思い出されて…夫に衛藤を重ねる事に辛くなって…もう…これ以上はって…」
「…幾田」
「ずっと私の中に衛藤から受けた行為が消えないの…たった一度だけの事だったのに…どうしても消えなくて…体中に刻み込まれているの!」

私の抱えていた気持ちを全て吐き出すと、衛藤は複雑な表情を浮かべながらくしゃっと笑った。

「なんだよ、俺たち…両想いだったんじゃないか」
「!」
「なのに…なんでこんなに回り回って…長い月日をかけて、幾つもの傷や迷惑をかけて結ばれようとしているんだよ」
「…きっと…私と衛藤は…色々傷つかなきゃ結ばれない運命だったんだよ」
「…」
「だって私…離婚して色んな人に迷惑かけて…でも其れがあったからこそ今、ちゃんと気が付いた」
「…」
「私が衛藤を幸せにしてやるんだって自信がある事を」
「…幾田」

そう、私は失くした物が大きかった分、得た物もとても大きかった。


「私は衛藤の事が好き、愛している!」
「俺もだよ──俺も君の事が好きだ」



私が衛藤の元を去ってから二年。

そして再会してから一週間。


私たちはようやく気持ちを確かめ合い、本当の意味で結ばれた。


「…ねぇ、衛と──」
「貴哉」
「!」

盛りあがった気持ちで再び熱い愛撫を交わし合う私に彼は云った。

「名前、ちゃんと呼んで」
「…た、かや」
「ん、何、史恵」
「~~~」

急に名前呼びになって恥ずかしいやら嬉しいやらで云いたい事を忘れてしまった。

「史恵、もうハローワーク通わなくていいよ」
「…あ」
「史恵は俺の処に永久就職」
「べ、ベタだね…」

遣い古されたプロポーズの常套文句に可笑しく思ったけれど、だけどやっぱり実際に云われるとじんわりと嬉しさと幸福感が溢れて来た。

「ベタで結構。いいよね、永久就職」
「……はい、よろしくお願いします」
「ん、よろしい」


私の知っている恋愛に一歩も二歩も引いていた時の彼なんて微塵も感じられない位ベタベタに愛された。


でもきっと私も彼もこんな恋愛がしたいのだと思って来たに違いない。


だって今、本当に心から幸せで仕方がないのだから──





00a53
◆ランキングサイトに参加しています。
1ポチ頂けると執筆の励みになります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村