──私の人生はたったひとりの男(ヒト)によって狂わされた



「あれ、幾田?」
「!」
「じゃなかった、えーっと…確か…」
「……幾田」
「え」
「幾田で、いいの」
「…」

(まさか…こんな処で彼と逢うとは思いもしなかった)

この腹が立つほどに忌々しい縁は何だろうと神様を呪いたくなった。


声を掛けられた昔懐かしい彼からの「何処かで話さない?」という言葉を受け、私たちは道すがらにあった喫茶店に入った。

彼が「アメリカンコーヒー」と注文したのを訊いて「あぁ、やっぱりね」と私が笑ったのを少し怪訝そうな顔して見た彼の表情にドキッとした。

(お、落ち着け、私~~)

気を取り直して私も運ばれて来たミルクティーに口をつけた。

「ハローワークにいたって事は職探ししていたって事?」

彼が徐に話し始めた。

「其れ以外に何があるって──というか衛藤こそなんであそこに…って、まさか市役所辞めたの?」
「まさか。俺は頼まれた書類を届けに行っただけ。役所仕事はデスクワークだけじゃないって知ってるでしょ」
「まぁ、そうだよね。衛藤が市役所辞めるとか全然考えられないし」
「君の中での俺のイメージはどんなだよ」
「…」

(イメージだなんてそんなの昔から変わってないよ!)

いっそ口に出して云いたかったけれどグッと堪えた。

しかし…

(あぁ…なんという運命の悪戯!)

逢いたい時には逢えない。

逢いたくない時には逢ってしまう──という何かの法則の如く、まさか其れを其のまま体感しているだなんて。

(…)

私は目の前に座っている彼の顔を俯き加減で見つめた。

(…本当、全然変わっていないなぁ)

其れを心の奥底では少し嬉しくも、哀しくも感じた。


私、幾田 史恵(イクタ フミエ)30歳。

二年程前まで市役所に勤めていた。

目の前に座っている彼、衛藤 貴哉(エトウ タカヤ)とは同期であり友人でありそして──


「しかし幾田、いつこっちに?確か結婚を機に旦那の実家に越したって訊いていたけど」
「……」
「転勤か何かでこっちに戻って来たの?」
「……」
「そう云えば旦那ってどんな人?俺結局一度も会った事も見た事もなかったんだけど」
「……」
「おい?幾田、どうし──」
「離婚した」
「…え」
「私、離婚、したの!」
「……」

私の言葉に彼は一瞬無表情になって、そしてじわじわと申し訳なさそうな表情を作った。

「な、何よ、其の顔」
「あ…いや、すまない。いくら知らなかったとはいえ色々余計な事を云ったなと」
「…別に…いいわよ。離婚してもうすぐ一年になるし」
「えっ、其れって…え、あれ?結婚したのって…二年前じゃ」
「だから一年に少し満たないくらいで離婚したの」
「……」

彼の表情からは何が云いたいのか解り過ぎる程に解って居た堪れなくなった。

だって其れは他の人からも散々投げ掛けられた言葉だったから。

『なんでそんな短い期間で離婚なんて』

『何が原因で別れたの』

『子どもが出来なかったから別れたの?』

(……)

訊かれる事はみんな揃って同じ事ばかり。

其れにいちいち答えるのにはもう厭き厭きしていた。

──だけど

「あの…衛藤」
「そっか、独身返り咲きおめでとう」
「!」
「あぁ、おめでとうって言葉も不謹慎か。すまん、言葉が悪くて」
「……」
「え、おい」
「…ふっ…ぅえ…」
「おい、幾田っ」

私は自然と流れた涙を拭う事なく必死に声を殺して泣いた。

離婚して『おめでとう』なんて言葉をもらった事なんてない。

大体この場で使うには相応しくない言葉だ。

(でも…でもでも…)

例え私の離婚原因がこの目の前でわたわたしている彼にあったとしても、彼からもらった『おめでとう』の言葉はやけに重く、そして清々しく胸の奥底に突き刺さったのだった。


00a53
◆ランキングサイトに参加しています。
1ポチ頂けると執筆の励みになります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村