──ハッキリいってどうやって帰って来たのか記憶にない

というかよく無事に家まで帰って来られたなというのが正直な感想。


「はむっ…ん…っ、んっ」

私は持ち帰ったお弁当を黙々と食べていた。

「ん、んっ」

相変わらず粗食な弁当であっという間に食べ終わってしまった。

ゴクゴクとお茶を流し込んでドンッと湯呑を卓袱台に置いた。

「て~ん~まぁぁぁぁ~~~!」

私の中は訳の解らない怒りでいっぱいだった。

天眞を信じたいという気持ちと、でももしかしたら私は天眞に騙されているんじゃないかという疑惑。

其の両方がギリギリとせめぎ合っていて、どうしようにもないどす黒い気持ちとなって私の心を波立たせた。

(なまじ大金を手にした男は色に走るっていうし!)

いつか何処かで見聞きした中途半端な知恵を持ち出し益々落ち込む。

だって天眞の会社が大きく成長している事実を知らなかったから、この質素倹約の生活も納得出来ている処があった。

早乙女が負った借金を天眞が一生懸命働いて無くしてくれたと思えばこそ申し訳なさと感謝の気持ちでいっぱいだった。

だから最初こそ厭で厭で仕方がなかったこの質素な生活だって今では身の丈にあったものだと受け入れている。


其れなのに──


(天眞、お金持ちになっているじゃない!)

其れを隠されていたという事にも腹が立つし、其れになんてったって

(昼間の女は誰なのよ!)

結局は其れがこの腹立たしい気持ちの一番の元凶なのだ。


「ふっ…ふふっ…」

生憎と私はただ黙って浮気されてメソメソ泣いている様なしおらしい女じゃないのよ。

(帰って来たらみっちり問い質してやるんだから!)


1ase
◆ランキングサイトに参加しています。
1ポチ頂けると執筆の励みになります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村