思わず戦意喪失してしまい、ボーッとしていると急に視界が反転した。

「!」

トンッと押し倒された私に透かさず馬乗りになった天眞はよく知る悪い顔をしながら云った。

「おい、どういう事だ」
「えっ!」
「いきなり俺を浮気者呼ばわりした挙句、押し倒してビンタの往復とは…随分と調教が行き届いている様だな」
「な…な、何を云って…」
「おまえが何を云っているんだって話だ」
「!」

いきなり優しい執事から俺様暴君へと豹変した天眞の唇が私のものと重なり、凄い勢いで貪られた。

「ふっ…んっ!」

息苦しさからもがけばもがくほどに天眞の舌は私の口内を攻め続けた。

「ん…ふっ、や…やめ…っ」

(なんでいきなりキスされているの?!)

どうしてこの流れになったのかがよく解らない。

決してこんな甘い雰囲気になる様な流れではなかったはずなのに──

頭の中でグルグルと考えていると、やがて天眞から受ける行為に頭も体も痺れてしまって何も考えられなくなってしまった。

「はぁはぁはぁ…」
「やっと落ち着いたか」
「はぁ…ぁ…っ、お、落ち着かせるために…キスしたって事?!」
「そうだ──さぁ、全部話せ」
「えっ」
「おまえがこんな暴挙に出た理由を全て俺に話すんだ」
「~~~」

(どうして形勢が逆転しているのよ!)

ほんの少し前までは私が優勢だった。

なのに何故不義を犯した天眞が威張っているのだろうと憤りを感じた。

「おい、凛子、訊いて──」
「何よ、そんな偉そうに!なんで私が怒られなきゃいけないのよ!」
「…何」
「そもそも天眞が浮気しているからいけないんでしょう?!其れを怒って私が暴れたって其れは正当防──」
「どの口が正義面吹かしているんだぁ、えっ?!」
「い!いひゃ…いひゃい」

いきなり天眞に両頬を引っ張られ痛みが走った。

「凛子、おまえはまだ何も解っていないな」
「にゃ…にゃにが」
「おまえが俺に手を上げてもいい時は俺がおまえを裏切った時だけだと云っているだろう」
「りゃ…りゃからしょれがいみゃじゃ…」
「俺はおまえを裏切っていない」
「らって…らって」
「──まぁ、いい。理由を訊くのは仕置きが済んでからだ」
「えっ!し、仕置き?!」

やっと頬を放された──と思った瞬間、天眞は緩めていたネクタイを解き、其れを器用に私の両手首に巻き付けた。

「ちょ…天眞っ」
「黙れ、どういった経緯があろうと俺を一時でも浮気者と疑ったおまえは調教し直しだ!」
「なっ」

天眞が本気で怒っている目をした。

天眞にこんな顔をさせてしまった私は何かとんでもない過ちを犯してしまったんじゃないかと、私の方こそが後ろめたい気持ちになってしまったのだった。

1ase
◆ランキングサイトに参加しています。
1ポチ頂けると執筆の励みになります。

恋愛ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村